シンガポール日系企業求人

はじめに

シンガポールには約1,500社以上の日系企業が進出しています。そのサービスや業種も多岐にわたり、建設、電気・電子、IT、商社、機械鉄鋼、自動車など様々です。それにともなってシンガポール勤務での日系企業の求人も増加、現地採用またはシンガポール駐在の求人などが見つかるでしょう。

 

現地採用と駐在の違い

 

  • 現地採用
  • シンガポールにある日系企業の求人を探して現地で直接雇用されるケース。雇用条件、給与、休暇など自分で交渉、自己責任で現地へ移住するかたち。海外勤務だからといって手当は当然出ない。

     

  • 駐在
  • 国内企業に雇用されてシンガポールへ派遣されるケース。優遇されているのはコチラのほう。海外赴任手当、社会保険、現地の居宅、車、家族手当、教育費などを用意してくれる。国内に戻ってきた時には相当な貯金が貯まってるはず。

 

現地採用も駐在員も一長一短があり、あなた自身がどこを目指すか価値観で変わってくるでしょう。

 

 

それぞれの採用で使えるおすすめのサービスをご紹介

 

シンガポール勤務の日系企業の求人を探すには専門の「転職支援サービス」と呼ばれるサービスを活用するととても便利なんです。それぞれ1つずつ紹介しますのでチェックしてみてください。

 

現地採用をめざすなら

こちらは「JAC Recruitment」がお勧めです。日本だけでなくシンガポールにも法人を設立し、現地での採用等を支援してもらう事ができます。シンガポールの日系企業求人だけでなく、現地企業の求人なども扱い豊富な選択肢を広げる事ができます。
http://www.jac-recruitment.jp/

 

シンガポール駐在員をめざすなら

リクルート社が提供する海外専門の就職支援サービス「リクルートエージェント」が良いでしょう。相談登録することで担当者が1人就いてもらえて、今求人募集が出ているシンガポールの日系企業の情報を提供してもらう事ができます。一般的に海外勤務の求人は公には掲載されないためリクルートエージェントの担当者経由で初めて紹介されるケースが殆どなのです。

 

求人情報の提供だけでなく様々な支援をしてもらえます。例えば企業との仲介、面接日時の調整、履歴書・面接対策のアドバイスなど。まずは自分自身の要望を伝えて希望にあった求人を探してもらう事からスタートしてみましょう。
相談登録はこちら≫http://www.r-agent.co.jp/