日系企業誘致の歴史

日系企業誘致の歴史

日系企業がシンガポールに進出していったのは1800年代と言う記録があります。貿易で栄えていたシンガポールに日本はどのように関わっていったのでしょうか。

 

ここでは日系企業とシンガポールの関わりについて、歴史の出来事と合わせてお伝えして行きたいと思います。

日系企業誘致の歴史記事一覧

日系企業の上陸のこと

日系企業がシンガポールに進出してきたのは1800年代後半と言われています。現在の財閥系商社や商事が大量にシンガポールに上陸したことから当時からシンガポールが東南アジア−世界へのアクセスの良さ、ビジネス的な観点での輸送のしやすさに注目が集まっていたことがわかります。現在もまた当時もそうであるがシンガポ...

≫続きを読む

日本統治下の昭南島時代

1942年から終戦の1945年まで3年間は日本による統治下にありました。シンガポールという国はコレまで散々ヨーロッパの国々にかわるがわる植民地とされてきた歴史があります。強いイギリス軍が常駐し現場を仕切っておりシンガポールの強制労働と富の吸い上げを行いまた、東南アジア各地への拠点として活用していまし...

≫続きを読む

工業化時代と日系企業の誘致

1945年戦争が終わり日本は米国領となり戦後の賠償の支払いに追われ暗黒の時代でありました。また、シンガポールは日本の統治を離れたと思った矢先、またもイギリス軍に支配され植民地としての道を再び進まなければならない状況にありました。しかし以前と違ったのは欧米列強国を打ち倒してきた日本と、その日本にまでも...

≫続きを読む

シンガポールの情報化時代

日本企業の技術投資や、技術者の派遣、講師の派遣などもあってシンガポールはどんどん日本から学び、吸収していきました。シンガポールにとっての日本は貴重な貿易国家でありこの頃になると戦時中の日本統治時代のことが意識として薄れていく人が多かったと言われています。そして時代は情報化の時代、インターネット、IT...

≫続きを読む